不動産を引き渡す前に準備しておくこと

不動産を引き渡す前には、色々な準備をしっかり行なっておくことが必要です。
例えば、行なうべき準備の一つとして、所有権移転登記の準備を挙げることができます。
仮に、必要書類の記載事項に漏れがあったり不備があったりした場合、契約書に記されている期日に所有権移転登記を行なうことができなくなってしまう可能性があるため、十分に前もって準備を始めることが勧められています。
また、不動産の引き渡しまでに準備しておくべき別の事柄は、境界の確認です。
基本的に、境界確認は隣地の所有者立ち会いのもとに行なわれることになっていますが、境界がはっきりとしていない場合や越境しているものがある場合などは、境界確認が順調に行かないことがあるため早めに準備を始めるのが得策です。
さらに、不動産の引き渡しまでには現地確認が行なわれますが、隣地との境界に加えて、付帯設備の引き継ぎや物件の修復などの点に関してきちんと確認することが必要です。
こうすることによって、引き渡しの後にトラブルが発生するのを回避することができます。