不動産で、資産運用する人も多い

不動産とは、土地や家屋のことを言います。
そして、自己所有の土地や家屋があるようであれば、その不動産には税金がかかります。
固定資産税という名目で要求されます。
土地は時価によって、税金が変わってきます。
建物には、ぜいたくな資材や作りをしてると、税金も高くなるようです。
だけど、数十年も経過すると、価値も薄れ、税金も下がるようです。
そして、何も利用していない土地の場合は、税金も高くなるため、税金対策のため、駐車場にしたり、畑にしたり、少しでも収める税金を抑えるためにと、様々な方法で、やりくりしている人もいるようです。
中には、こういった、不動産を親から相続したりして、相続税や、固定資産税を多く支払うようになった人は、税金が払いきれなく土地を売ったり、税金の代わりに土地を国に納めたりする方法をとる方も多いようです。
また、それとは逆に、マンションなどの不動産を購入して、人に貸し、家賃収入を得たり、上がりそうな土地を購入して、高値で、売買したりといった、資産運用の道具として利用されていらっしゃる方も多いようです。