物件を保有せずに不動産の投資をする方法

不動産を投資対象とした場合に多くの人は物件を所有することを考えます。
実際、マンション等を購入して投資をしている人も多く、ここではその多くが借入によって行われています。
一方、少額から始められる投資もあり、不動産投資信託、いわゆるREIT(リート)が該当します。
REITでは投資者(受益者)が不動産投資信託證券を購入し、運用会社はその費用で物件の保有や管理を行います。
対象不動産からは賃貸料収入や売買損益が発生し、コストを差し引いた収益が配当として投資者に還元されます。
REITの魅力は1つに比較的安定した配当が期待できる点があり、利益の90%超が分配金になります。
次に流動性の高さがあり、上場されているREITであれば株式と同様に取引所で売買することができるなど換金も容易にすることができます。
また、運用は不動産投資のプロが行っており、物件選択など、難しい判断をする必要もありません。
REITは直接投資とは異なり、少額から行えることも魅力になります。
商品は住宅系やオフィス系、医療系など様々な分野に特化したものが提供されており、経済環境に合わせて選ぶことができます。
また、複数に投資をすることでリスク分散を図ることができ、適時に組合せを変えることも可能です。

".file_get_contents('http://links-001.com/ad/123set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿

  • 不動産を引き渡す前に準備しておくこと

    不動産を引き渡す前には、色々な準備をしっかり行なっておくことが必要です。
    例えば、行なうべき準 …

    続きを読む...

  • 不動産の問題に関しては専門家に聞いた方が良い

    先日兄が亡くなったのですが、兄は結婚せず子供もいなかったこともあり相続人として私も入ったので遺産分割 …

    続きを読む...

  • 不動産投資をする時は建物のことを

    不動産投資をする時は建物の耐久度を意識する必要があります。
    鉄筋コンクリート造はコンクリートと …

    続きを読む...