不動産投資をする時は建物のことを

不動産投資をする時は建物の耐久度を意識する必要があります。
鉄筋コンクリート造はコンクリートと鉄筋とが一体になった構造で、RC造とも呼ばれています。
RC造りは耐久度が高くて、高層建築に使用することができます。
高層建築は土地をより有効活用することができて、都市部で人気となっています。
都市部は賃貸物件への需要が高くて人気の投資エリアとなっています。
需要の高い都市部でRC造りの賃貸マンション経営をすることは、不動産投資の利益を安定化させることにつながります。
木造のアパートはRC造りよりは耐久度はないですが、維持費を抑えることができて利益率が高くて解体費用が安い利点があります。
多額のお金が動く不動産投資では税金の仕組みを理解することが大切です。
税金が安くなる仕組みを一度作ってしまえば、低い税率を保つことも可能です。
不動産投資で税率を抑えるには、法人名義で投資をすると有効です。
不動産投資は様々な外部環境に影響されます。
金利の上昇が不動産価格や銀行の融資姿勢に与える影響は考慮する必要があります。